音痴を治す方法 カラオケ嫌いが7日間で劇的にうまくなった理由TOP > 音痴になる理由 > 音痴を克服する発声練習

発声について

スポンサードリンク



発声練習やヴォイストレーニングというのは、
声帯やその周辺の筋肉を鍛えることで、
声量をあげたり、正しい音が出せるようにするもの
です。

いわゆる音痴といわれる人の中で、
多くの人は、声帯や周辺の筋肉が強くないため、
自分の思っている音を出せていない場合があり、
これらの場合、発声練習を行うことは大変有効
です。




発声練習のパターンはいくつかありますが、
ドミソミドやドレミファソファミレドなどの
一定の音を1音ずつあげていく方法がいいでしょう。

ドミソミド、レファ#ラファ#レ、のようにあげていくのですが、
声帯の負担はいきなりソを出すより、ドミという助走がある方が軽いのです。

そうすると、徐々にあげていくことによって、
今まで出なかったような高い音も出せるようになります。
また、下げていく方も同様に発声練習を行いましょう。



さらに、音は「ドミソミド」といういい方ではなく、
「アーアーアーアーアー」とのどの奥からゆっくり音を出すようにします。
切って勢いをつけるのではなく、伸ばすようにするようにします。


そのほうが難しく、筋肉のトレーニングになります。
また、ゆっくり長く息をつくことで
横隔膜を使った腹式呼吸の練習にもなります。



自分でできる音痴を治す方法として正しいのは次の内どれでしょうか?
  1. ボーカルスクールに通う
  2. 腹筋を鍛えて、お腹から声を出してみる
  3. プロのトレーナーからプライベートレッスンを受ける
  4. 一人カラオケでひたすら練習する
  5. お風呂で自分の声を聞いて歌ってみる
  6. ボイストレーニングのDVDを見る

>>正解はこちら






スポンサードリンク

音痴になる理由記事一覧

音痴の原因

大学や会社の飲み会で、二次会はカラオケなどということはよくありますよね。自分は音痴だと分かっている人にとって、強制的にマイクを持たされることほどいやなことはありません。...

音程が外れる

音痴には2つ種類があり、運動性音痴と感受性音痴に分けられます。どちらの音痴でも音程が外れるという症状が出ますが、運動性音痴にはその他、リズムの調節がうまくできない、...

発声

発声練習やヴォイストレーニングというのは、声帯やその周辺の筋肉を鍛えることで、声量をあげたり、正しい音が出せるようにするものです。いわゆる音痴といわれる人の中で、 ...